スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工藤 古巣巨人にリベンジならず! 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
 【横浜1-5巨人横浜・工藤の古巣へのリベンジはまたもお預けとなった。吉村の10号ソロで均衡を破った7回、連打で降板を余儀なくされるとマウンドにしゃがみ込み、自らを戒めるように帽子のつばで頭を叩いてベンチへ。すると代わった加藤がホリンズ、木村拓に連続適時二塁打。ぼう然と試合を見つめるしかなかった。「7回は(中指の)マメの上にマメができてスライダーが切れなかった。リリーフ陣に申し訳ない」。6回まで無失点に抑えていただけに悔しさをにじませた。

 巨人戦はこれで3戦全敗も、春先の不調から完全に脱出。女房役の相川は言う。「捕手から見ても腕が振れているのが分かる。打者も的を絞りにくいと思う」。いつもより短距離ダッシュを増やして瞬発力を養った結果、下半身の力が腕に伝わり始めた。大矢監督も「いい投球だった。僕の(投手交代の)判断が甘くて迷惑をかけた」と白星がつかなかったことを反省した。

 「もうひと踏ん張りできるように、次は絶対何とかする」と工藤。今度こそ古巣を倒し、消滅した近を含めた「13球団勝利」を達成してみせる。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/934-c2ae1799

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。