スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 また中止で日程との戦いも激化 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 横浜は、台風4号の影響を受け、ヤクルト戦(横浜)が午後1時40分に早々と雨天中止。2試合連続サヨナラ勝ちの勢いをそがれた大矢監督は「こういう流れの中でゲームが続くのが一番いいんだけど」と残念そうだったが、深刻な表情は笹川業務部長だ。この日で雨天中止による未消化試合は7試合目。15日も中止確実で、日程未定の2試合を加えると未消化は10試合となる。セ・リーグ全体で予備日は最大14日間。笹川部長は「この時期にしては(中止が)多い。後半戦でダブルヘッダーの可能性もある」。現在3位の横浜大矢監督は「先のことは分からない」と話したが、クライマックスシリーズ進出へ、天候&日程との戦いも激化しそうだ。 <ヤクルト 古田監督が青木の首位打者予言>横浜戦(横浜)は雨天中止。室内練習場で行われた打撃練習でヤクルト・古田監督が投手を務めた。自ら打者の調子をチェックすると、約15分間対戦した青木について「オレのカットボールをあれだけ打ち返せる選手はセ・リーグにいない。首位打者は間違いないね」と2年ぶりのタイトルも予言。これには青木も「キャンプで1度、監督の球筋を見ているので…、打ちやすかったです」と笑顔だった。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/951-1a8109d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。