スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手と真剣対話…ハマを支える大矢の“目力” 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX(取り寄せ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000013-ykf-spo
 横浜はきょう18日で終了する前半戦を貯金生活のまま終える。ここまでの好調の原因は10年ぶりに復帰した指揮官・大矢監督の目にあるという。

 見た目通り、指揮官の性格は温厚篤実そのもの。ところがあるコーチは「いやいや、大矢さんも前任の牛島さんと負けず劣らず短気です。ちょっとしたことでムッとしますしね」と明かす。

 だが新旧監督の決定的な違いは、目。牛島氏の目はチーム内で「浪商の目」と呼ばれ、恐れられていたからだ。

 「牛島さんも大矢さんも理論派という点では変わりありません。ただ牛島さんの根底に流れているのは、浪商時代に培った相手を威圧する『おいコラ!』という姿勢ですからね。あの目でスゴまれると若手選手などはビビッて話が全く耳に入らないそうです」(同)

 蛇にニラまれた蛙-。高校時代に数々の武勇伝を残した牛島氏だけに、迫力はピカイチ。チーム内ではずぶとい方の村田でさえ、怒鳴られたときにはさすがに震える思いだったとか。

 それに比べ、大矢監督は「真剣なまなざしで理路整然と話してくる。だからこちらも自然と話を聞く態勢になる」(野手)と、選手には好評だ。また指揮官は若手の選手を積極的に指導、対話を心がけているため「若手のヤル気は昨年と比較にならないほど。牛島さんはベテランを固定して戦うのが好きだったので、2軍から上がった選手を全く試合で使わず、そのまま戻すこともしばしばだった」(球団関係者)...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/961-81b8a4dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。