スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プロ野球】横浜・工藤、初のG倒 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 ■13球団から勝利、26年の技と意地

 横浜の工藤公康投手(44)は24日、巨人12回戦で勝利投手となり、現存する12球団すべてから白星を挙げた。工藤は消滅した近と新規参入した楽天からも交流戦で白星を挙げており、13球団からの勝利となった。全球団からの勝利は野村収、古賀正明、武田一浩(以上移籍による達成、楽天を除く)門倉健(交流戦による達成、近を除く)吉井理人(移籍による達成、近を除く)に次いで6人目。過去には1947年から55年にかけて緒方俊明が15球団から勝利したことがある。

                  ◇

 ベテラン左腕にとって通算218勝目は格別な1勝になった。横浜の工藤が6回2失点に抑え、「やっと勝てました」。これまで唯一勝ち星がなかった巨人から4度目の対戦で挙げた初勝利だったが、試合後はウイニングボールを惜しげもなく左翼席へ投げ入れた。

 前半戦の巨人との対戦成績は0勝3敗、防御率7・98と散々たる内容だった。それでも大矢監督は、数日前から後半戦最初の先発を工藤に託すことを決めていた。「必死にトレーニングを続けて状態を上げていたからね」。44歳は不振の中でも見続けてくれた指揮官の思いを意気に感じながらマウンドに上がった。

 「調子はここ最近で一番悪かった」という。三回を除き毎回走者を出したが、そこからがベテランの真骨頂。緩急を自在に操る持ち前の投球術で五回まで三塁を踏ませなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/977-6f7450bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。