スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜工藤が史上初13球団から勝ち星 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000042-nks-base
巨人4-8横浜>◇24日◇東京ドーム
 ハマの不惑左腕が快挙を成し遂げた。横浜工藤公康投手(44)が24日の巨人12回戦(東京ドーム)で6回2失点と好投。古巣から初勝利を挙げ、プロ野球史上6人目の全12球団勝利を達成した。工藤は消滅した近からも勝っており「現12球団+近」は初めてだ。3位横浜が2位巨人を倒し、首位中日も敗れたため、3強が1・5ゲーム差に大接近。ペナントレースは後半戦開幕初日から、戦国セ・リーグの様相を呈してきた。
 ヒーローインタビューの第1声が、工藤の気持ちを表していた。「やっと勝てました」。すっきりした表情から、自然と笑みがこぼれた。“4度目の正直”で古巣巨人から初勝利。「ここ最近では1番悪かった。東京ドームは、球が上がるとどうなるか分からない。低めを思って投げました」。投げ慣れたマウンドが、6回2失点というパフォーマンスを引き出した。
 4回だ。1-0とわずか1点リードの緊迫した場面。先頭二岡に中前打を許したが、ここからベテランの力を発揮した。続く新4番小笠原は、初球を内角137キロ直球でファウル。続く2球目、外のスライダーを振らせ、あっさり中飛。早打ちする主砲を左右の揺さぶりで攻めた。5番李は内野安打で1死一、二塁とされたが、6番阿部は「開き直って投げた」139キロ高めの直球で空振り三振。後続も断ち0行進を続け、5回に味方の満塁弾を呼び込んだ。
 巨人に、勝てなかった...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/978-8c0dd549

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。