スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニキが番長引きずり降ろし虎5割 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 【阪神5―2横浜】勢いが止まらない。相手が連続無失点の球団記録を更新中の三浦でも関係なかった。5回だ。岡田監督の積極采配が試合を動かした。1死一、三塁で上園に代打を送る。桧山は三振に倒れたが、なおも満塁として代打に送った矢野が勝負強さを発揮した。流し打った打球は一塁ベースに当たってバウンドが変わり、右翼線へ抜けた。「みんなでつくったチャンスを生かしたかった」。貴重な先制点をもたらした一撃で三浦のゼロ更新を35回で止めた。実は無失点記録が始まった6月30日の阪神戦(横浜)で最後に失点をつけたのも、2回に満塁から矢野が放った2点二塁打だった。 6回には矢野と同級生の金本が試合を決める一発を放った。先頭で打席に立つと、直球をとらえて右中間席へ2試合連続の23号。「かなり詰まったので入るとは思わなかったよ」。その後も4連続安打で計3点を奪い、ついに三浦をマウンドから引きずり降ろした。 ベテランコンビの活躍で、チームは今季初の6連勝。約3カ月ぶりに貯金も手にした。それでもまだ満足するわけにはいかない。お立ち台で矢野は言った。「ナゴヤドームからいい形で甲子園に戻って来られた。甲子園はとりあえずあと5試合ですか。全部勝って遠征に出たい」。プレーオフ圏内の3位・横浜まで1ゲーム差。猛虎の進撃はまだまだ続く。 <横浜 ベースに止められた無失点記録>三浦が運に見放された。5回2死満塁で代打・矢野。フォークで一ゴロに抑えたと思ったが、一塁ベースに当たって右前へ抜ける2点打となって無失点記録は35回でストップ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/995-971401ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。