スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜5回一気逆転!連敗ストップ 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 【横浜7-2阪神】横浜は連敗を3で止め上位戦線に踏みとどまった。初回に2点を先制されたが、5回、村田の左前適時打で同点に追いつき、なおも2死満塁で雨脚が強くなり24分間の雨天中断。直後に吉村、代打・鈴木尚が連続押し出し四球、さらに相川の左前適時打で計4点を奪い試合を決めた。幸運の雨にも大矢監督は「(雨天中断がなくても)多分流れは同じだった。向こうは手詰まりだったしね」と余裕の表情。阪神戦の連敗を6で止めて、これで首位巨人には再び2・5差に接近。指揮官は「きょうは目いっぱいの継投に、つながりのある攻撃もできた。これがあすにつながってくれたら」と期待を寄せていた。

 <阪神 連勝6でストップ>満員の甲子園からため息がもれた。阪神の5回の守備が延々と続いたからだ。1点リードが3点のビハインドとなり、13安打の打線も2回以降無得点。連勝は6でストップした。先発・岩田は5回2死までこぎ着けながら村田の左前打で同点とされ、佐伯に四球を与え降板。2番手・渡辺も24分間の降雨中断と不運はあったが、吉村と代打・鈴木尚に連続押し出し四球を与え沈没。「あと1死で勝ち投手の権利があるわけだから」と岡田監督は岩田の投球に首をひねった。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/998-211c59ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。