ウィキペディア(Wikipedia)より引用
:横浜ベイスターズ
横浜ベイスターズ(Yokohama BayStars)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団のひとつ。 球団事務所は本拠地の横浜スタジアムの近くにある、関内新井ビル7階(横浜市中区尾上町) 2軍の球団名は湘南シーレックス。2軍の本拠地は横須賀スタジアム(神奈川県横須賀市)。練習所及び合宿所は、横須賀市の横浜ベイスターズ総合練習場。

カテゴリー  [試合結果 ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイスターズ試合結果 - 金城決めた!横浜が2戦連続サヨナラ 

花とアリス 特別版 / 鈴木杏/蒼井優
 【横浜4−3広島】横浜の金城龍彦外野手(30)が22日の広島戦(横浜)で1点を追う9回1死一塁から右翼席に逆転サヨナラ2ラン。開幕から不振と首痛に泣かされた男がチームの2試合連続サヨナラ勝利に貢献し、お立ち台で涙を流した。 お立ち台に上がった金城の目は潤んでいた。 「言葉が出ない。うれしい気持ちでいっぱいです。開幕してチームに迷惑をかけたけど力になれてよかった」。右翼席に深々と一礼。「ありがとう」とお礼を言う大矢監督らナインの祝福に、やっと笑顔がはじけた。 1点を追う9回1死一塁、相手は永川。前日の広島戦、種田の逆転サヨナラ打をおぜん立てした中前打が頭をよぎった。「(永川とは)きのう対戦して打った自信もあったので、打席には自分でも落ち着いて入れた」。その言葉通り142キロの直球を振り抜くと、打球は右翼席へ。05年7月14日広島戦(横浜)以来のサヨナラ弾に「持ち味の“無心”で、来た球を強く叩こうと思った。逆転したことも分からなかった」とまくし立てた。 00年首位打者も、開幕からの不振で前日まで打率・200。19日ヤクルト戦(神宮)前には寝違いによる首痛を訴え、2試合先発から外れた。「朝起きたら首が曲がらなかった。痛みには強いと言われていたけど…」。しかし、欠場中に学んだこともあった。「結果を欲しがるんじゃなく、自分ができることをやろう」。つなぎに徹する冷静な心が劇弾を呼んだ。 2戦連続の逆転サヨナラで今季初の貯金2...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆種田関連ブログ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。